ペットの葬儀を行う際には業者に依頼しよう

重なる数珠

現在では、多くの人が犬や猫などを飼っています。
従来では番犬などの目的で屋外で飼うのが一般的でしたが、住宅事情などの影響もあって、現在では室内で飼う人の方が多くなっています。
そのため、より家族の一員として大事に育てている人も多く、亡くなった場合に深い悲しみを抱え、なかなか立ち直れずにいる人もいます。
このような状態を「ペットロス」と言いますが、逆に、犬や猫に触れることで心が穏やかになれたり、表情が明るくなるなどの効果があるとして、高齢者施設などでは「ペットセラピー」として動物と触れ合う時間を作っているところもあります。
今ではペットも大事な家族の一員として大きな役割を果たしていると言えます。

飼っていた犬や猫も家族の大事な一員として、亡くなった場合には人間同様に供養をする人が増えています。
葬儀社でも人間と同じく葬儀を行ったあとに火葬をしてお墓に供養するプランなどを用意していますし、ペット霊園も数多くあります。
葬儀社によっては、自宅の庭での樹木葬や散骨などに対応しているところもあります。
また、愛するペットを身近で供養をしたいと考える人も多く、最近では動物用のミニ祭壇やメモリアルグッズなども数多く販売されるようになっています。
メモリアルグッズには、分骨用の骨壺や写真立てなどがありますが、遺骨をオブジェやネックレスなどに加工して販売している業者などもあります。
このように現在ではペット商品を扱う業者も増えています。